シーグラスとステンドグラスの世界&非常勤講師のあれこれ。。。


by seaglass-art

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ステンドグラス
シーグラス
ピラミッドボックス
作家なかま
非常勤講師
この頃
私たちの家族

以前の記事

2017年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

フォロー中のブログ

水族館ふりーく
ニューヨークの遊び方
BAGUS!
はむはむガーデン
ゴマグリモナカ
フィレンツェ田舎生活便り2
野行き、街行き、海辺行き
沖縄猫blog♪ 『 お...
麻亜麻
ステンドグラス教室 カト...
*チョコチップなまいにち*
Uluru Happy ...
ego.
Life with Leica
area code 072
mayuka nakamura

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


2000 BEST


蒲田行進曲 (角川文庫 緑 422-7)


骨餓身峠死人葛―野坂昭如ルネサンス〈6〉 (岩波現代文庫)


ジャコメッティ


重力ピエロ


堕落論 (新潮文庫)


ウエスト・サイド物語


ベストコレクション「歌祭り」2

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2017クリエーターズフェス..
at 2017-03-15 20:26
クリエーターズフェスティバル..
at 2017-03-14 23:06
クリエーターズフェスティバル..
at 2017-03-13 23:09
9才のミニウサギ
at 2017-03-11 15:31
2017 クリエーターズフェ..
at 2017-03-08 13:40

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
教育・学校

画像一覧

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

唐辛子



b0195872_671543.jpg




ややジャンボな唐辛子です。
今年は、たくさん収穫できました。。
知り合いの農家の方に、種を分けていただきましたが、味もジャンボな激辛でした。



b0195872_681612.jpg

[PR]
by seaglass-art | 2010-12-27 06:08

エイブルアート

福岡市西区の障害者施設で月に一度、エイブルアートの指導をしています。
エイブルアートとは、”可能性を求めて新たなる才能の発見をする”と解釈してください。
今回は、スタンピング(木の葉に絵の具を付け、紙に転写して、その後別の紙で再構成します)
の指導でしたが、なかなか思うようには動いて頂けません。
色の混色や量に関しては、理解できない面が多いようです。
ただ、健常者が持ち得ない集中力と個性にはいつもおどろかされます。

b0195872_21115783.jpg



b0195872_21121355.jpg



b0195872_21123857.jpg



b0195872_21133657.jpg

[PR]
by seaglass-art | 2010-12-21 21:14 | 非常勤講師

フットライト


メーカーには、”お休みライト”でパーツを注文しますが、私は敢えて”フットライト”と
商品名を変えて使います。
フットライト、ピンクのバージョンです。


b0195872_20391265.jpg



みどりのバージョンです。


b0195872_20402939.jpg



赤とピンクのフットライトです。


b0195872_20464473.jpg

[PR]
by seaglass-art | 2010-12-07 20:47 | ステンドグラス

完成しました。。


依頼のステンドグラスの宝石箱、完成しました。。
クリアーと赤いデザインの作品と、白のストリーキーガラスにピンクの組み合わせですが
一番高価なガラスをちょっとだけ使ってみました。。
すぐに、私のもとから無くなってしまうのが寂しい。

b0195872_9451118.jpg



b0195872_946462.jpg

[PR]
by seaglass-art | 2010-12-07 09:46 | ステンドグラス

今日も元気です。。

こんな記事を見つけました。。。


来年の干支であるうさぎ。90年代の人気ドラマ『ひとつ屋根の下』の中で、のりピー扮する小雪が「うさぎって淋しいと死んじゃうんだから!」と言う場面があったことから、うさぎ=淋しいと死ぬ、という説が世間ではまかり通っているけれど、これは本当なのか。
ネット上でも「死なない」「いや、死ぬ」と議論が分かれているのを目にするが、真偽を確かめるべ富山県にて『アレス動物病院』を営み、「あなたがウサギに出来ること」という情報サイトも運営されている獣医師・沖田将人先生にお話を伺ってみた。そもそも、うさぎというのは「淋しさ」を感じる生き物なのでしょうか?

「感じていると思います。うちはショッピングモール内にある動物病院ということもあって、飼い主さんがお買い物されている2~3時間のあいだ、うさちゃんを預かることがあるんですね。すると、それまでおとなしくいい子にしていたうさちゃんが、飼い主さんが迎えにきた途端、“足だん”という不満の意をあらわす行動をすることがあります。これは、『なんで独りにしたの!』という淋しさを感じていた証かもしれませんね」

え! そうなんですか。じゃあ、「淋しいと死ぬ」という俗説もあり得るということですか?

「淋しいだけで死ぬ、ということはありません。しかし、たとえば淋しさや何らかのストレスで食欲がなくなり、ケアをされず放置されていた場合、命に関わることはあり得ます。人間や犬などの場合、食べ物を食べていないときでも胃腸は常に動いているので、水さえ飲んでいれば数日は生きています。しかし、うさぎのような草食動物の場合、24時間以上、何も食べないと胃腸の動きが止まってしまうのです




b0195872_2153425.jpg




b0195872_21535636.jpg




b0195872_21541637.jpg

[PR]
by seaglass-art | 2010-12-01 21:56 | 私たちの家族